水嶋かずあきの甘辛問答

神奈川県平塚から、水嶋かずあきが語ります。
<< 感染こそ最大の防御 | main | バラのまち・平塚 >>
学ぶべき事例は山ほどある

冷静に見ていると、良かれと思ったことが裏目に出たり、
もたもたして見えていたことが、実は着実な前進につながったり、
各国の、四苦八苦しているところがよく見えてきます。
もちろんわが日本もそれ以上にドタバタとしているんですが。
.
2019年12月30日、保健機関が作成した「原因不明の肺炎」に関する公文書が中国のネット上登場。
まだ当然このころは何が何だかわからなかったのです。
で、年が明けて、どうも事態は重大らしい、と。
日本ではまだおとそ気分が抜けきらない1月7日には、正体不明の肺炎の原因は、
新種のコロナウイルスだ、と特定されます。
で、なんと、9日には最初の死者が出ました。
でもまだまだこのころは対岸の火事だったでしょ。
そして何やらえらい騒動は中国で起きている、と。
で、1月23日に武漢の封鎖が行われます。
駅にバリケードが張られ、市場には人っ子一人歩いておらず、
いやいや中国は共産国家だけあってやることは無茶だな、と思っていたんですね。
きっと皆そうだったと思います。
まさか明日は我が身とも思わずにです。
日本では、1月20日武漢を訪れた日本人が感染発覚。
ここらから、ちょっと他人ごとじゃないぞ、という雰囲気になってきました。
対岸の火事の高みの見物に火の粉が降ってきたわけです。
.
このコロナに関するそれぞれの国の動きって、かなり様々でしょ。
まあ、早期にねじ伏せた国もあれば、
もたもたしているところもある。
早めに切りつけたからと、まさに床上げしてしまった国もある。
なかなか優れた対応をしていると評価の高い国もある。
かといって、感染拡大が収まる気配すらない国もある。
で、お国柄はともかく、やはり共通しているでしょ。

基本は人と人の接触なんですね。

.

初期のころイランに感染者が多く出ました。
正直、中国、韓国、日本など、近隣の国々はともかく、
なぜイランが、と思いました。
しかし、なんだかんだと抑え込んだんですね。
でも、でもです。
ここにきてぶり返してきたようです。
感染防止対策の当局者からは活動再開は「時期尚早だったかもしれない」と反省の声。
まあ、感染確認者が減少に転じれば、だれだって、早く規制を解いてもらいたいでしょ。
一度規制を解くと、もう子供のように、その後は言うことを聞かなくなるようですね。
イランでは、4月11日から感染リスクの低い地域で企業活動や都市間移動の制限を緩和したのです。
テヘランでも18日から小規模店舗などの営業が再開され、今では街頭やショッピングモールにも市民が多く集まり、
以前と変わらぬ状況にありつつあるとか。
政府の要請にもかかわらず、他者と密集しない「社会的距離」を守らずに、

マスクを着用しない人も目立つのだそうです。
規制を解くと、今までにたまったものがうっぷんのように吐き出され、

かえって言うことを聞かなくなるようです。
.
ドイツでも順調に抑え込んでこれたと思っていたのが、ここにきて、第二波的な様相を見せつつあるようです。
メルケル首相は11日、国内の新型コロナウイルス感染が再拡大している可能性がデータで示されたことを受けて
国民に対し、人との距離を一定に保つためのソシアルディスタンスを堅持するよう訴えました。
コロナにしてみれば、どっこい、おめおめと死んじゃあいねえぞ、と言うとこでしょ。
.
さて、ご本家中国武漢では、ここにきて、武漢全市民1100万人の検査を準備することになったようです。
抑え込んだと思っていたのに、どうもそのへんがあやしい、となったからでしょ。
武漢では、4月8日のロックダウン解除後、またも新たな感染例が報告されたのです。
あの徹底した中国方式の抑え込みでも、ちょっとした隙にコロナは復活するんですね。
.
新型コロナウイルス対策において、韓国は世界の模範とされています。
しかし、ここにきて、ソウルの繁華街で複数のゲイクラブを含むナイトクラブでクラスターが発生して
新規感染者が急増していて、当局は今週予定されていた学校の再開を延期したそうです。
出どころがゲイクラブということもあって、濃厚接触者も口をつぐみ、感染経路を追いきれないそうです。
.
まあ、いかにもさっさと問題を片づけた、と思われる国々も、
ちょっと油断すると、足元をすくわれてしまうんですね。
.
これらの事例を見てもわかるとおり、コロナを甘く見ちゃいけません。
なにしろ、未感染者といううぶな人たちは、まだまだごまんといて、
コロナウィルスにしちゃあ、いいお客さんなわけです。
.
日本でもすでに気が緩み始めているでしょ。
ここで一番ふんどしを締めなおさないと、私たちも同じわだちを踏むことになります。
それぞれの国の経験から、多くを学び取るべきです。

世論に押されて、経済を優先し、判断を間違えないでほしいと思いますね。
それでなくとも、今のこの国のかじ取りは、頼りないんだから。

| 水嶋かずあき | あれこれ | 10:46 | comments(0) | - | - | - |









     12
3456789
10111213141516
17181920212223
24252627282930
31      
<< May 2020 >>
+ SELECTED ENTRIES
+ RECENT COMMENTS
+ CATEGORIES
+ ARCHIVES
+ MOBILE
qrcode
+ LINKS
+ PROFILE