水嶋かずあきの甘辛問答

神奈川県平塚から、水嶋かずあきが語ります。
<< バラのまち・平塚 | main | ギリシャ文明も疫病で衰退した >>
民主主義度のチェック

私たちは、平素、国の名前を呼ぶのに、略称で呼んでいます。
まあ、頻度の高い国としては、まずアメリカですよね。
ご存じのとおり、正式にはアメリカ合衆国。
でも、時に米国などと漢字で表現します。
パンを食ってるのに、米の国か、なんていう人もいますが、
中国では、美国。
いつもつの角付き合っているのに、漢字の表現では、美しい国です。
その中国ですが、正式名は、中華人民共和国。
イギリスはややこしい。
単にイギリスか、英国と言ってますが、実は、

正式には、グレートブリテン及び北アイルランド連合王国。
英語だと、United Kingdom of Great Britain and Northern Ireland。
どっちにしても領収書に宛名を書く時、はみ出しそうでしょ。

形容詞として、Greatが付いていますので、これまた、かつては日の沈むことのない
大英帝国の名残がしますね。
中国の場合、世界の真ん中の国というい意味があるのだそうで、
その誇りを表現したんですね。

韓国は、大韓民国。
韓国、大きな国だぞ、と。
どこが、と思いますよね。
恨みつらみを流せないけつの穴の小さな国なのに。
.
さて、わが日本ですが、日出ずる国としての思いがあったのだと思いますが、
太陽を崇める民族的な思考が、国名にも国旗にも表れています。
普通、王様がいると、王国とか、またいなければ共和国とか、形容詞を付けるんですが、
日本は単純そのもので日本国。
そういった思いを国名にしてきたんですね。

.
世界に200あまりの国々がありますが、その国名の6割は、共和国となっています。
英語では、Republic。
で、共和国の意味は、 専制君主国ではない、という意味で、歴史的には、
王家と民衆が争ってきた古い履歴を持っているのです。
古代アテナイでは王を追放して市民が政治を行いましたが、
この時の政治形態を、デモクラティア(民主制、民主政、民主主義)と言いました。
で、ローマでも王を追放して、元首・貴族・平民による混合政体となりますが、
彼らはあえて、デモクラティアとの名称を避け、レス・プブリカ(共和国)と表現したのです。
その理由は、デモクラティアは、衆愚政治を意味するということでした。
つまり、よくよく見てみれば、歴史的にも、民主主義国という名称と共和国という名称は、
双子のようなもので、ただ、ローマでの経験を引きずっているに過ぎないのです。
共和国というのは、君主がいない民衆の国です、という意味ですね。
現代の国で共和と民主は、ほぼほぼ同じ概念なわけです。
アメリカでは共和党と民主党の二大政党での政権争いが有名ですが、
少なくとも、概念としては同じなはずなんですね。
世界中の地域で国が興され、滅亡したり、新たな国が登場したりと、
様々な経験をしてきましたが、基本は、支配的な王家と民衆の争いです。
ですから、それらの経緯の上で、民衆が勝ち取った国権には、
民主か、共和かの名乗りを上げるわけですね。

.
国名として、現代もなお王家が存在し、王国を名乗る国は10ほどあります。
イギリス、スウェーデン、オランダ、スペインベルギーなどヨーロッパに多いですね。
国名で、正直滑稽なのが、北朝鮮です。
朝鮮民主主義人民共和国が正式名称。
どこが民主主義で、どこが人民で、どこが共和国か、と思いませんか。
金王朝の国でしょ。
噂ではオンジョン国王の跡取りは妹のヨジョンと言われていますよね。
民衆の国であるなんてイメージのかけらもないでしょ。
.
さて、グダグダと国名について書いてきましたが、これは前置きです。
(前置きの割に長すぎましたか)
表現するしないにかかわらず、その国の体制は、ほぼ民主主義国家でしょ。
王家が存続していようと、それは日本の天皇家と同様、国民の象徴的存在なので、
実質は、民衆の意思決定で国が運営されているわけです。
これを民主主義と言います。
政治形態としての民主主義と、概念としての民主主義はいささかずれますが、
まあ、それでも、選択権は民衆にあるというのが、その本来です。
.
さ、そこで、わが日本には、どの程度選択権が与えられてきているのか、
と考えたことがありますか。
いや逆に、国民は満足しているのかどうか、でしょ。
21017年のデータです。
世界の国々の民主主義度のランキングというのがあります。
イギリスのさる調査グループがランキングしています。
それによると、完全なる民主主義、と評価されている国々は15か国ぐらい。
まあ、相撲でいえば幕内ですね。
次はいささかランクが落ちて、欠陥のある民主主義国というランク名で、
相撲でいえば十両。
ここに日本はいますが、それもほぼ最下位の全体41位です。
で、これは意識の問題と、制度の問題に分かれるような気がするんです。
意識の問題は時間がかかりそうですが、日本ではさほど項目別の得点では問題ない。
問題は、制度のようですね。
今の国会の運営システムに、問題がありそう。
それと議員選出方法ですね。
でも、まあ、既得権があって、この改革な難しいでしょ。
.
そこで時間はかかっても、意識の向上を図ることではないか、と。
今回のコロナ騒動により、新生活基準なるものが提案されていますが、
いい機会ですね。
真の民主主義の在り方として、国民一人一人が考えをチェックしてみる。
いいと思ったこと、習慣的だったこと、その当たり前のスタンダードを、
一度斜め後ろから見てみれば、
真の民主主義国家に近づけるんじゃないか、と期待するんです。

| 水嶋かずあき | あれこれ | 08:55 | comments(0) | - | - | - |









     12
3456789
10111213141516
17181920212223
24252627282930
31      
<< May 2020 >>
+ SELECTED ENTRIES
+ RECENT COMMENTS
+ CATEGORIES
+ ARCHIVES
+ MOBILE
qrcode
+ LINKS
+ PROFILE