水嶋かずあきの甘辛問答

神奈川県平塚から、水嶋かずあきが語ります。
<< 誹謗中傷処罰法 | main | お米を支給するぞ >>
李下で冠にさわるな
マスクはまだですが、特別定額給付金の申請用紙が届きました。
書式はさほどややこしくなくて、免許証と預金通帳のコピーを取って、
必要事項を書き込み、あとは投函するだけ。
そこで、さっさと提出しました。
まあ正直、コロナで手痛い経済的なマイナスはなかったんで、
もらってもいいのか、と躊躇しましたが、
まあここで聖人ぶることもないだろうと欲が出たのと、
もう一つの理由があったのです。
それは、今はいいけどこの後、コロナ対応の諸政策に国庫が疲弊したとか言って、
必ず取り戻すための税制が実行されるはずです。
だって、もともと私たちが納めていた税金が原資でしょ。
そこから金を出すんですから、収支上マイナスになるのは歴然としたことでしょ。
そのマイナスは何らかの形で取り戻すわけですが、
それはそのための口実を付けた税金の新設です。
.
今まで一番驚いた新税ですが、復興なんじゃら税というのがあったでしょ。
3.11の被害を埋めるための新税です。
そこそこの金額を払っているような気がするんですが、
あの時に、そういう新税が設けられる、という話はほとんど聞かなかったような気がするんです。
世間もこれについて、あまり話題にしなかったですよね。
まあ、ここで、多少、批判めいたことでもいえば、
一方でとてつもない被害と犠牲を強いられた同胞がいるのに、
それを助けようという税制に文句をつけるとは、
非国民なり、ぐらいのことは言われるかもしれなかったですね。
で、あえて話題にしなかった。
.
今度は、きっとそれに似た感情で、へこんだ国庫を立て直そうと新税が布告されるに決まっているんです。
復興税の時は、震災後、所得税が2.1%上乗せされて、その期間は25年間。
住民税も1000円上乗せで、10年間、法人税は10%上乗せで、2年間。
この増税で、総額10兆5千億円をとりかえすことになったんです。
まあ、これは仕方ない、とだれもが感じたのだと思います。
で、今回のへこみそうな金額を、東日本の時の金額と比較すると、
少なくとも、現時点で、その10倍近くになるのでは、と言われています。
つまり、東日本大震災復興のための国民の負担、所得税2.1%上乗せは、25年ですから、
あまり負担感を感じさせずに巻き上げるのは、その分時間をかけるわです。
まあ私は死んでいるでしょうけど、今の、孫連中が負担することになるんですね。
前にも書きましたが、日露戦争の戦費を借金で当時の政府は用立てたのですが、
その返済が終わったのが、昭和56年です。
70年以上返済をし続けたんですね。
.
分かりやすい比較をしてみましょうか。
東日本で埋めるべき金額は最長25年とはいえ、トータルでは10.5兆円。
国民一人当たり、年寄も赤ん坊も含めて、1人8万3千円となります。
で、今度はその数倍から10倍となると、
雑な計算ですが、ひとり50万円ぐらいの負担の覚悟をしなきゃならない。
ですから、格好つけて、いらない、とは言えない。
この新たな負担増のために、多少のたくわえは必要かな、と考えているんです。
もらった10万円はきっとあっという間に新税で吸い上げられるんでしょうね。
あまり目の前のお金に喜んでいると、
結局取り返されてしまうんで、その備えを想定する必要があります。
.
まあ、見た目に踊らされる人たちが多いというのはともかく、
そもそも本当に必要な人に届くのならいいのですが、
この類のことって、どうしても問題を多く抱えるんです。
だって、さほど困っていない人の場合、本来の意味が薄れると同時に、
この後の負担については、平等なものを要求されるんですからね。
私はそもそも給付金というシステムそのものに不安を抱いていました。
まあ、金が動くということ自体、きな臭いにおいが漂うものです。
言い換えれば、真に誠実な人柄の人が扱えば何の問題もないのですが、
とかく胡散臭い政治家やお役人、さらには企業の連中がこれに群がる。
事は早急な解決を目指さんとばかり、
公平な機会を与えたり、十分な資格の審査もなしに、指名で扱い業者を決める。
どうしても不透明なところが付きまとう。
マスクの発注先にしたってそうでしたでしょ。
訳の分からない業者に任せ、ともかくいまだ届かないんですから。
話が出て、2か月は経ちましたよね。
ホント不思議ですね。
.
年間の一般会計に匹敵するぐらいの予算を考えているんです。
つまり、途方もない金額のお金が動くんです。
まさに、瓜の畑と李(スモモ)の木の下を通り抜けなきゃいけない時なんです。
瓜田 (瓜の畑 )足を踏み入れるな、 李下に 冠を 正さず、というように、
必要以上に公明正大で、透明なシステムのもと、
疑惑を招かない情報が開示されるべきでしょ。
ちょっとで疑惑を招くようなことは、あえて避けなさい。
その素振りだけでもしてはならないことです、という君子行の教えです。
満員電車で、痴漢に疑われるのが嫌だから、はじめっから両手を挙げている人がいるそうですが、
まあ、これはともかく、疑惑につながることはそもそもしないということでしょ。
にもかかわらず、相変わらずでしょ。
.
支給事務をめぐっては、経産省が「一般社団法人サービスデザイン推進協議会」に769億円で委託し、
同協議会が電通に749億円で再委託した。
野党から「20億円の中抜き」と批判されました。
問題は、どうなったのか、なんてよりもそのような疑惑が発生したことです。
なんか政治の世界って汚い世界なんですね。
こんな薄汚れた思いのところに管理されているって、
日本人は哀れですね。
| 水嶋かずあき | あれこれ | 09:41 | comments(1) | - | - | - |
どう考えてもおかしい!先日スーパーで老夫婦がコイン式複合機にしがみついて辿々しい手つきでボタンを押していました。好奇心レベル4の私は定額給付金の必須資料である預金通帳と写真付き本人証明書のコピーを撮っているんだと頷きました。余程私がお手伝いしようかと思いましたが、怪しまれてはと自制しましたが、国民の四人に一人が高齢者ですが、その内複写機械を操作出来ない老人が可成りいる筈です。更に丸投げ、中間搾取、税金の無駄使いでも悪評高い当局の委託に、一体こいつら何してんだもっと違う方法を考えろ、と憤りを禁じえません。
世帯主の口座に世帯全員に10万円を振り込むという手紙と持参すべき資料を持って、決められた時刻(非密集)に選挙の時に行った事がある投票所(検温と非密接処理済み)に行って、いつもの選挙立会人(今回は特別委託業務)の指示に従って、必要書類の記入、複写して、申請終了。その確認済書類を持って金融機関に行って、10万円の入金が完結する。
勿論全て自己完結出来る圧倒的多数の人は郵送で、全く対応出来ない人は民生委員がアシストとかを含めますが。
非常事態の支援策にインチキを働いた輩は何年でも遡って、役人が精査して国策反逆罪として告訴し厳罰に処せば良い。業務委託は安直過ぎるだろう、非常事態を凌ぐのは上から目線では無く、国民を抱き込んで、力を借りて、達成感が得られるような方法を産み出すべきでしょう。アホベのマスクの時も、材料と作り方説明書だけを配って、自粛生活中の国民に自作させるべきと、コメントしましたが、糠に釘でした。
| jfk jfk緑川 | 2020/06/09 9:38 PM |









      1
2345678
9101112131415
16171819202122
23242526272829
3031     
<< August 2020 >>
+ SELECTED ENTRIES
+ RECENT COMMENTS
+ CATEGORIES
+ ARCHIVES
+ MOBILE
qrcode
+ LINKS
+ PROFILE