水嶋かずあきの甘辛問答

神奈川県平塚から、水嶋かずあきが語ります。
<< 人種差別 | main | レジ袋有料化 >>
ダーウィンの進化論
ちょっと残念な話なんですが、
自民党の一部の人たち(と私は思ってますが)が、憲法改正を焦るあまり、
自分たちの主張を通そうと、ある手段で、訴えたのですが、
これが、藪蛇というか、見当違いというか、馬脚を現したというか、
まあ結果として、かなりマイナスを抱え込んでしまったんですね。
6月19日、憲法改正について投稿した4コマ漫画の起承転結でその必要性を訴えたのです。
ご覧になった方も多いと思うので詳細は省きますが、
要は、憲法改正はとても大事なことだ、と。
ダーウィンの進化論ではこういわれておる大事、とした上で、
「最も強い者が生き残るのではなく、最も賢い者が生き延びるのでもない。
唯一生き残ることが出来るのは変化できる者である。」
と展開し、
結では「これからの日本をより発展させるため、今憲法改正は必要なことだと考える」としてるんです。
まあ、憲法の改定については、私は保守的に考えますので、
いじる必要はない、と考えます。
とくに9条については、現状すでに様々な拡大解釈を既成事実にして、
集団的自衛権までその活動範囲を広げてきました。
これにしてがって、防衛庁の年間予算も、年々拡大し、
今や5兆円を超えて、その費用により、軍事費は、
世界ランキング9位ということです。
米・中・サウジアラビア・インド・フランス・ロシアなどに続きベストテン入りしています。
単に軍事費だけでなく、軍事力の比較があります。
兵員数とか、保有兵器の総合的な評価ですが、これは世界で第5位に入っています。
あの平和憲法で、不戦を誓っている国がです。
まあ、世のなか変わりつつある、としても、平和憲法下でもこれだけのコストを負担し、
軍備を保有しているんですから、憲法まで変えてその先何しようというのだ、というところでしょ。
.
今こそ憲法を変えて戦力充実を図るべきだ、
という人もいるでしょうし、様々な考えがあると思うのですが、
国としてというか、政権として、何とか軍国化を図りたい、という輩は必ずいるんですね。
人様々ですが好戦的な人っているでしょ。
そういう人が政権に交じっているんです。
そこで、何とか憲法改定を進めたい、と。
で、あの手この手で、国民を洗脳しようとしているわけです。
そこで登場したのが、ダーウィンの進化論です。
.
私も人並みにダーウィンの進化論は知っているつもりですが、
どこをどう見てもあんな言葉は出てこない。
特に、唯一生き残ることが出来るのは変化できる者である、なんていう言葉はただの創作なんです。
.
今更ですが、ダーウィンがガラパゴス諸島で観察し、経験した種の変化について、
その後整理して出版したのが進化論です。
これは、生命は神の手で作られた、という宗教的教義に真っ向から対峙したものだったので、
当時は非難轟轟でした。
しかし時の流れとともに、どうもそうらしいということになってきたわけです。
生物たちは、ものの見事に環境によってすみ分けてきたんですね。
これはいたって単純な法則があって、
確保できるエネルギー源、つまり捕食できる対象と、
捕食するために必要なエネルギーの収支が、プラスにならなくてはいけない、ということです。
捕食に必要な動きをしますので、そのためのカロリーと生体維持に必要なカロリーの合計が、
捕食した対象、ライオンでいえば動物の肉体、バッファローいえば草など、から得られる
エネルギーが超えていないと、飢えてしまい、死んでしまうんです。
ですから、このメカニズムに打ち勝つために、環境に適応してきた。
その環境の変化と、生体の適応力のバランスが崩れると、種は絶滅するんですね。
.
強いこと、賢いことは進化の大いなる手助けとなってきました。
変化のできるものという表現は、人間社会の現状で、速度の速い環境の変化に関していえば、
その通りかもしれません。
しかし自然界において、急激な変化には、普通はついてゆけないのです。
例えば、ウミガメを例にします。
ウミガメは孵化するときの気温が、29℃を境に、
それ以下だとオスが多くなり、それ以上だとメスが多くなります。
で、もし地球温暖化が進み、どこもかしこも29℃を超えてしまうと、
メスばっかりになって、結局は種は絶滅します。
しかし、DNAというのは、ある意味危険分散をするので、
100個の卵のうち、30℃でもオスになるというDNAを10%持っていたとしましょう。
そのままでは圧倒的にメスですが、1℃ぐらいの差では、何とかなる。
そしてその子孫がやがて淘汰されて、30℃を雌雄の分岐点になるという風に進化したとします。
こうなると、30℃でもなんとかなります。
しかし、それには時間がかかるんです。
地球の気温の上昇が、亀の卵に与える影響の調整力を超えてしまうと、これはもうだめなんですね。
ですから、変化と言っても、とてつもない時間を必要とするものですから、
そのことは、ダーウィンも言ってないのです。
.
はっきり言って、この憲法改正に4コマ漫画は、間違いなく誤用なんですね。
いや間違った、では済まないでしょう。
知性と知識の欠如をあらわにしてしまったんですから。
.
アメリカの統計的な話です。
アメリカ国民に調査をしたんですね。
様々な雑学的な事柄など含めてです。
例えば、地球は平らである、なんてことを信じている人が2%いるとかも答えが出てきました。
更に、ダーウィンの進化論なんて信じない、という人もいて、その数なんと34%です。
アメリカ人の3人に1人は、生物は神が作ったものということをかたくなに信じているんです。
まあ、これは宗教的なことが深くかかわっていると思うんですが、
もし、日本人で、ダーウィンの進化論を信じていないという人が3人に一人いるとしたら、
自民党も、あんな間違いをしなかったでしょうね。
だって、あの漫画の言わんとするところは、34%の人に通じないからです。
| 水嶋かずあき | あれこれ | 09:58 | comments(0) | - | - | - |









      1
2345678
9101112131415
16171819202122
23242526272829
3031     
<< August 2020 >>
+ SELECTED ENTRIES
+ RECENT COMMENTS
+ CATEGORIES
+ ARCHIVES
+ MOBILE
qrcode
+ LINKS
+ PROFILE