水嶋かずあきの甘辛問答

神奈川県平塚から、水嶋かずあきが語ります。
<< ダーウィンの進化論 | main | 脱プラの問題点 >>
レジ袋有料化
明日からレジ袋が有料になるようです。
ずっと前から、マイバッグ・エコバッグ運動みたいなものが行われていましたが、
こと、レジ袋に関しては、私は、無関心でした。
.
そもそも私は、我が家の食事係ですから、食材を買うのも役割の一つです。
この買い物が結構楽しみで、おたおたすると、
一日の中で、この買い物以外、外に出ない、なんて日は結構あるんですね。
ですから、出不精の私にとっては、食材調達は、けっこうなたのしみでもあり、
重要な生活のリズムの一つなんです。
.
紅谷町で暮らしているので、日々の食材は、
まあ身近ないくつかのスーパーで買い物をするのですが、
それぞれに特徴があり、それに合わせて、どこの店にするか選択します。
ある店は、とっくに有料になっていて、3円でした。
私は、特に、プラごみを捨てるのに、どうしても大のサイズのレジ袋が重宝なんで、
たとえ有料でも袋をあえてもらっています。
それが、最近、大中小と価格が新たに設定され、
5円、4円、3円、となりました。
私にとってみれば1円、2円の違いではなく、プラがどれほど入れられるかが基準なので、
買い物の量というより、袋の容量が優先するわけです。
で、このお店で清算の時に、マイバッグの人もいるわけですから、
レジ袋はつけますか、と質問します。
はい、というと、大中小どれにしますか、と再質問。
その答えに従って、商品をレジに入力し、清算をするのです。
私は最初のころ、レジ袋を有料にしたころ、
レジ係の人にしてみれば、とてつもなく面倒な作業が追加されたな、と思いました。
.
きっとある時、その店の社長が、パートのレジ係の人たちを集めて、
レジ袋を有料化することになった、ということと、
それの対応方法を皆に伝えたと思うんですね。
まあきっと朝礼とかなんかで言ったのと、具体的な対応マニュアルかなんか作って、
皆に周知徹底したと思うんです。
で、その方針を聞いて、パートのおばさんたちは、
あらら、面倒なことをしなけらば行けなくなったのね、とかぼやいたはずです。
でも、このお店は、7月1日、なんて決まりをはるか前から、それを取り入れているので、
それなりに、前向きな経営をしているお店なんですね。
レジ係の人もみな親切ですし、よく教育されている。
でも、お店によっては雇われ店長さんかなんかが仕切っていて、
お客様への対応が不十分なところだってあるはずです。
そんなところは、面倒な余計な作業が増えた、と不平が出そうですよね。
.
まあこれも世の流れ、脱プラを目指すのですから、
ささやかな身近なところで、ささやかな行為を積み上げるということも大事です。
しかし、有料にする、という制度を作り、それを実施させるのは国家です。
当然、脱プラへの対応なんですが、
どう考えても、それ以外のプラ製品のボリュームがものすごいでしょ。
私が、レジ袋を有料でもマイバッグを使わないのは、
この日々排出されるプラごみの処理方法が、
レジ袋以外に思いつかないんです。
台所で調理を経験している人は分かると思いますが、
いったいどうしてこんなにプラごみがたまるんだ、と思うんですね。
もっとも、軽くてもかさばるので、容積として見た目多くなるのだと思いますが、
二日もすると、レジ袋いっぱいになります。
しかも、これにはペットボトルなどは一緒にしません。
主なものは、食品を入れているトレーの類です。
魚はもちろん、肉の切り身を入れたもの、更には、
野菜ですらパックに入っています。
これらは野放図に使えるのに、どうしてレジ袋に白羽の矢が当たったのだ、と。
片手落ちじゃないか。
レジ袋の何倍もプラ製品が出回ってるのに、それらは規制外なんですね。
正直おかしいと思いませんか。
.
食品衛生の観点では、トレーの規制はしにくい。
でもその外側の袋ならいいだろう、と。
ここいらが白羽の矢が立った要因かもしれません。
.
まあうがった見方とも思うんですが、マイバッグの拡大によって、
食品衛生の問題が出てくるのでは、と懸念されています。
確かに、使いまわしのバッグよりは、店頭のレジ袋のほうが、
はりかに衛生的ですものね。
人によっては、コロナ対策の注意を喚起する人もいます。
だったら、有料化なんてするな、と思うんですけどね。
.
どんな政策も、国はこうすると決める。
それにコストがかかろうと、手間がかかろうと、国民は従う。
なんだかんだとこの国はいい国ですよね。
国も国民も。
| 水嶋かずあき | あれこれ | 13:46 | comments(1) | - | - | - |
後期高齢者の私が子供の頃食品や日用品を買いに行く時は、誰もが買い物籠を提げて店にいきました。店には勿論レジ袋などは無く、商品を裸か店で予め用意した新聞紙に包んで買い物籠に入れたものです。そういえば10センチ立方の氷を入れた原始的な小さな冷蔵庫は各家庭に有りましたが、保存の効かない生鮮食品は毎日買いに行きました。全てがそうであるように、生活が楽に成る度合いとその分何らかの代償を支払う度合いが正比例しながら今日まで過ごして来ました。そして遂にその代償が抱え切れない程の、地球規模の問題を通り越して、危険水域に入り込んだのです。レジ袋の有料化なんて生易しい事を言っている場合ではないでしよう、廃止すべきですね。ケネデイは“アメリカ国民は祖国アメリカの為に何ができるかを考え、協力して欲しい”と大頭領就任演説で豪語しましたね。私が総理大臣ですとほざいて、いざと成ったら見当違いを重ねる、誰かさんとは大違いですね。レジ袋を使わない事なんて誰でも出来ますよね、しかもそうすることが確実に国家や世界に貢献してる参加型喜びに繋がりますね。レジ袋廃止ごときで何になるとお思いの貴方、貴方の子供や孫の為に、貴方や貴方の両親が積み重ねた”楽廃棄物“を放置してはいけませんんね。安部さん小池さん&#8219;レジ袋を廃止します、皆さん是非協力して下さい“と全国民、都民に言って下さい。
| Jfk Jfk 緑川 | 2020/07/01 9:06 AM |









      1
2345678
9101112131415
16171819202122
23242526272829
3031     
<< August 2020 >>
+ SELECTED ENTRIES
+ RECENT COMMENTS
+ CATEGORIES
+ ARCHIVES
+ MOBILE
qrcode
+ LINKS
+ PROFILE