水嶋かずあきの甘辛問答

神奈川県平塚から、水嶋かずあきが語ります。
<< レジ袋有料化 | main | コロナ第二期 >>
脱プラの問題点

コロナの話題もいささか鮮度を失ってきたのか、
メディアは話題性の高いものを鵜の目鷹の目で探し出し、
何とか番組のネタに仕立てようと躍起になっているようです。
そこで白羽の矢が立ったのが、レジ袋の有料化です。
昨日のワイド系の番組ではそのほとんどが取り上げていました。
で、省令で決められた有料化について、何の疑問もなかったのか、
吹かれている笛に踊っている、という印象でしたね。
.
基本は脱プラで、廃棄されるプラスチックそのものが問題なわけです。
その目標は、数値化されているわけではありませんが、
現行の無制限に使われているプラ製品を減少させ、
さらには廃棄されたものを有効利用しようというものです。
当然ですが、コントロールできずに地球に捨てられる総量も少なくしようというわけです。
.
この脱プラについては、したがって、いくつかの段階に分かれます。
まずは、下流に位置する問題から考えてみますが、
自然界に捨てられるプラ製品が及ぼす被害を減らすということです。
よく、亀の胃袋やクジラの胃袋からレジ袋が出てきたとか、が写真付きで報道されることがります。
それと、分解されずに地中に埋まるとか、
マイクロプラスチックによる海洋汚染とともに、
それが魚に取り込まれ、その魚を食べる人間にも蓄積されるのではないか、
とその危険性が指摘されています。
まあ、どこをどう取っても、あまりいいことじゃなさそうです。
そこでこれらの不安と問題を抜本的に解決するには、というのが脱プラのテーマです。
.
もちろん抜本的に解決できません。
一つは、あまりにも便利な素材のため、これを使わない生活など考えられないからです。
さらに、ほぼ、現在目にする身の回りのプラ製品は、
基本的に捨てることを前提としているものが多いように思われます。
つまり、プラごみを出す体制は完備している、ということでしょ。
したがって、何をどのように規制するのか、と言っても、
生活全般に大きなダメージを与えかねませんし、
その意味でも、経済的なダメージも伴うと思うのですね。
.
そこで、問題は、たとえわずかであろうと、プラ製品に消費量を抑えられないか、
ということと、いかに効率的にリサイクルするか、の二つが考えられます。
今回のレジ袋有料化は、消費量を抑えようとする試みです。
いくらマイバッグを普及しようと、実はそれほどの効果はないのではと思っています。
結局、レジ袋は使い終わったら、単純に捨てられているということはほとんどない、と思うんですね。
何らかの形で、ごみの整理のために使われる。
最後にはプラごみに分類されて、ごみ収集に出される。
マイバッグだって、基本プラ製品の場合が多く、結局は多かれ少なかれ、
プラ製品の消費を下げることはなかなかできないのではないかと思うんです。
そもそもが、プラスチックの原料となる石油の量は全体の3%にすぎず、
目に見えないところでの問題もかなりあるということです。
.
ですから、現状では、分解可能な素材の開発と、
有効なリサイクルシステムの構築だと思うんですね。
日本は、リサイクル率80%と言ってます。
諸外国では、この数字を驚いているそうですが、
実は、熱処理、つまり燃やしてしまうのが、そのうちかなりあって、
世界標準でいうリサイクルに回されるプラスチックごみは4分の1くらいにすぎず、
いささか、こ狡いデータを出しているんです。
なんとなく中国みたいでしょ。
.
話は突然変わりますが、ウソかホントか、
中国医師の告発によると、かなりの数のコロナによる死亡者の数が、
他の死因として処理するように、当局から指示があったというんですね。
その医師の感覚では、少なくとも一桁違うはずだ、と。
私も、あのテレビから伝わってくる様子から、案外死者数が少ないな、
と思っていたんです。
もし、事実だとしたら、不都合な真実を隠すのは、どこの国の政権も同じなんだな、と感じました。
.
さてプラごみの問題です。
要は、レジ袋を使わなくなるんじゃなくて有料なんですから、
絶対数を減少させるのには、あまり効果がないと思われるんですね。
だって、3円とか5円で買えるんですから、
1000円、2000円の買い物に占める割合でいえば、たか知れたものでしょ。
多少は影響がありにせよ、大山鳴動し鼠一匹と言ったところでしょ。
.
何より、国及び地方行政体は、ごみの収集の真の姿を明らかにすべきだと思うのです。
あのペットボトルをラベルをはがし、キャップを分け、時に中を洗浄して出していますが。
それ相応の市民の協力は意味を持っているのか。
特に、プラごみですよね。
神経使ってキッチンでは仕分けしていますが、
どのように扱われているんでしょうか。
時に、ごみ焼却の補助的な燃料として使われているとか。
としたら、何のために仕分けているんでしょうね。
いささか空しくなるでしょ。
これらのごみ処理の行方をもう少し可視化する、というか明確に情報公開することが必要でしょ。
.
レジ袋有料化によって新しい性格基準を作ろうということですが、
確かに、コロナは強烈でしたが、
マスク着用は標準的になりましたよね。
更に手洗いの励行とか、より衛生観念は進化したと思うのです。
まあ、これと同等、脱プラの政策も、いつかしっかりと習慣化されてゆくとは思いますが、
その道筋を、不都合な真実を隠すことなく、国民に見せて、協力を仰げば、
日本人は従順ですから、先は見えてくると思います。

| 水嶋かずあき | 環境 | 09:09 | comments(0) | - | - | - |









      1
2345678
9101112131415
16171819202122
23242526272829
3031     
<< August 2020 >>
+ SELECTED ENTRIES
+ RECENT COMMENTS
+ CATEGORIES
+ ARCHIVES
+ MOBILE
qrcode
+ LINKS
+ PROFILE