水嶋かずあきの甘辛問答

神奈川県平塚から、水嶋かずあきが語ります。
<< 願いごと叶え | main | 情報の断捨離 >>
何やら地震が頻発してますね。

なにやら関東地方に地震が頻発し、大きめの地震が来るんじゃないか、
と心配されている方が多いようです。
もし心配なら、そのための備えをすることでしょ。
大丈夫か、大丈夫か、なんて百篇言ったって、
何の足しにもなりません。

.

今回の一連の地震は、東日本大震災の時の余震と言われています。

あれから9年も過ぎたのに、余震?と思うでしょ。

地球にとっての9年なんて、私たち人間が感じる1秒程度のことでしょ。

十分に余震の領域なんですね。

心配なのは、これらの余震の影響で、首都直下型の地震が誘発されないか、でしょ。

可能性は否定できない。

コロナと地震のダブルショックを東京は受けるかもしれない。

用心するのに越したことはないでしょう。

.
防災の基本は死なないことです。
したがって、死につながりそうな要素を排除してゆくべきです。
阪神淡路大震災での直接死者数(関連死を除く死者数)は、5500人。
これは、神戸大学をはじめ、多くの医療関係者が、死者全員の検死をしています。
その結果、おおよそ、9割の方が圧死でした。
建物の崩壊、家具の下敷きなどです。
ざっと5千人の方が圧死、さらに、その1割の人が家具の転倒による圧死です。
つまり、家具をちゃんと止めていれば500人の人が死なずに済んだ、ということになります。
くどいようですが、防災の最大の目的は、死なずに済んだ人は死なせないようにする、ということです。
.
つまり、第一は壊れない家に住むということです。

コンクリートの頑丈な家で生活するか、
今の家を耐震補強するか、まあどちらかです。
もっとも出先などで、建物の崩壊に巻き込まれてしまえば、それまでですが、
でも、圧倒的に自分の家で災害に会うというのが多いんですね。
ですから、何より、壊れない家に住む、ということが重要なんです。
ちなみに、平塚市内の世帯数およそ10万世帯ですが、
そのうち、50%はマンションや集合住宅に住んでいます。
木造系の家屋でも、おそらく昭和56年以前の建物というのは少なくなっていると思いますが、
それでも耐震基準などが脆弱な時代の建物ですので、
耐震診断をする必要があります。
死なないための基本的な手順です。
.
で、第二は、家具を固定する、ということです。
家具転倒での死者数500人というのは、信じられない数ですが、
検死の結果のデータですから、人ごとと思わないことが大事です。
固定の方法はいろいろありますが、
一番単純で安上がりなのは、壁にL時金具で固定する方法です。
ただ壁の位置によってはグズグズでビスが効かない場合がありますので、
壁の芯を見るけることが大事です。
それと、賃貸の部屋の場合、壁に傷をつけられないので、
別の方法が必要です。
マンションなどの場合も壁が石膏ボードの場合が多いので、
これまたビスが効かない。
そこで、ツッパリ棒的なもので抑え込むのですが、様々な機種があるので、慎重に選びましょう。
特に、取り付け場所によっては効果が半減するので、
基本は壁に寄せて、設置することです。
要は、家具の天板の奥に着けるということですね。
.
一番簡単なのは、家具と天井の間を丈夫な段ボールなどでふさぐことです。
ま、できるだけぴったりとはめこめば、ほぼ倒れることはありません。
要は地震の揺れによって、家具が徐々に上部を振り始め、

何処か限界点で、どたーんと倒れるわけです。
例えば冷蔵庫などですが、あんなに重いものが倒れるのか、
と考えられがちですが、
私の知人が、中越地震の時の自宅の様子を写真の撮って見せてくれたのですが、
アップライトのピアノが、部屋の対角線の位置にそっくり移動してしまったそうです。
とてつもない力が働くもんだ、と思ってください。
.
とまあ、まずは圧死から逃れる、ということが防災のイロハです。
それ以外では、割れたガラスとか、落下物にあたったとか、怪我がありますが、
これは原則自宅治療をすべきです。
つまり救急用の医療品のセットは準備すべきです。
最低限の応急治療は家でできるようにしておくべきです。
この最大の理由ですが、病院には、一挙に怪我人が殺到します。
阪神淡路では3万2千人が負傷しました。
この人たちが一斉に病院に押し掛けるわけです。
ある病院の外科部門では、10倍、100倍の患者がやってくるわけです。
当然ですが対応できるわけがないでしょ。
それによって医療崩壊を起こします。
それで、救えるべき人を死なせてしまうことがあるのです。
.
防災の基本は死なない、ということと、死なせないということなんです。
「葉隠」に、侍とは、死ぬことと見つけたり、と書かれていますが、
防災とは、死なせないことと見つけたり、なんです。

 

| 水嶋かずあき | 環境 | 11:54 | comments(1) | - | - | - |
線状降水帯、ゲリラ豪雨、摂氏35度、猛暑、私が子供の頃に記憶が無い気象現象が近年毎年ように多発して、記録的な災害をもたらしています。地球温暖化の為せる技と、思うのはど素人の私だけでは無いでしょう。今はその年の発生順に従って台風○号と無個性な呼称になっていますが、昔はキャサリン、ジェーンなど当時の進駐軍GHQが「家具は蹴倒す、カーテンは引きちぎる、皿は投げ捨てる、荒れ狂う女程の恐ろしさ」と比喩して名付けたり、その後は室戸、狩野川など台風通過被災地の地名だったり、被災した地域には申し訳ないが、若干のユーモアやら地理的興味を覚えたものです。摂氏35度となると気温という概念を飛び越えて、体温という領域に近づいて来ます。満員電車で他人の体温に囲まれて、これでもかと耐えまくるのと同じ天候なのです。昔は真夏(猛暑という言葉は無く盛夏)でも日陰は涼しく、北側の部屋では昼寝をしたものですね。鬼怒川が決壊した常総市、川の名前は失念しましたが倉敷市、千曲川の長野市、そして今回の球磨川の人吉市と、全ての罹災者がインタビューに答えて、「まさか!私の住んでいるところが!」と口を揃え言っていまが、これほど度重なれば、荒れ狂う濁流が河川沿いの街をアッと言う間に飲み込むのは日常茶飯事と認識すべきでしょう。高床式の豪雪地方の建物(田中角栄建設大臣が立法した建築基準法の産物)のように、水害を想定した建築計画や改修が望ましいでしょう。そんな事は難しいという場合は、近隣の鉄筋コンクリートの建物(学校、公民館他)を避難場所と定めて、そこまで確実に行く事ができる複数の非難経路を学習しておくのが良いでしょう。傾斜地付近、河川沿い、海岸付近など昔は住居としては避けていた土地に、高度成長時代から土木建築技術を駆使して、沢山の人が住むようになりましたが、これほど災害が多発してるからには、もはや土木建築を超えて、厳格なハザードマップに基づく都市計画の大幅な見直しが必要でしょう。ノアの箱舟に乗り遅れてはなりません!
| jfk jfk緑川 | 2020/07/15 10:33 AM |









      1
2345678
9101112131415
16171819202122
23242526272829
3031     
<< August 2020 >>
+ SELECTED ENTRIES
+ RECENT COMMENTS
+ CATEGORIES
+ ARCHIVES
+ MOBILE
qrcode
+ LINKS
+ PROFILE