水嶋かずあきの甘辛問答

神奈川県平塚から、水嶋かずあきが語ります。
<< ポテサラ論争 | main | 第2波襲来、しかも大きいぞ >>
景色の賞味期限

いつものように、何気なく街を歩いていると、
とつぜん、そこにあったお店や建物が無くなっていることがあります。
まあ、それぞれの事情でしょうから、今まで通りが正しい、なんてことはないでしょ。
特に、商店などの場合、その業界自身が斜陽になれば、なし崩し的に商売が傾き、
廃業といういことになります。
もう根性とか、忍耐とか、先見性とか、そんなこと関係なしに、だめはダメなんですね。
例えば、ある池に一匹も魚が泳いでいなければ、釣り糸をたれても釣果ゼロでしょ。
釣り糸を垂れるなら、魚がたくさん泳いでいるところが基本です。
ですから、これも時の流れ。
いい時もあれば悪い時もある。
で、見切り千両といって、どのタイミングで閉じるのか、と言うことが肝心なところなんですね。
.
大体、そう言いつつ店を閉じ、建物を取り壊すとなると、
大体が、駐車場になってしまいます。
次の計画がなければ、放っておくよりは日銭が稼げるんじゃないか、とばかり、
タイムパーキングに衣替えです。
と、そういえば、ここは前はどんなだったっけ、となるでしょ。
店名ぐらいは思い出せても、姿かたちと言うの、つまり、視覚的情報と言うのがあいまいになる。
まあ、新しい景色を受け入れる、と言うことなんですね。
なにより現実が見えているわけですから.
.
私たちの身の回りの風景が変わってしまうと、今までの記憶が更新されます。
建物だけではなく、自然の風景もそうです。
なんとなく、ひとは、今見えているものへのこだわりがありますが、
実は、自然界も、かなりの速度でその形態を変えているのです。
まあ、とくに、人間が手を入れている場合はそれが顕著ですよね。
.
私が子どものころとは、このまちの様子も大きく変わってきました。
高麗山の頂上から見下ろした万田辺りの景色と言えば、一面田んぼでしたものね。
20代の初めのころ、松風町から花水川の土手に行って、
土手沿いにウズラの銃猟をしたことがあります。
まずは、銃を撃ってもいけないという環境ではなかったんですね。
ほとんど人家がありませんでしたから。
だから、住宅地から土手に向かう間、何百メートルか畑が連なっていて、
春先には、空にはひばりが鳴きながら、ホバリングをしていたものです。
今は住宅が際々まで建っているでしょ。
昔の面影はいずこ、ですね。
.
小さく言えば、まちかどの景色、お店が駐車場になるなるなど。
更には、野原に家が建ったり、畑が工場になったり、変化は変化でありますが
実はこの大地も大きく変わっているんですね。
今でこそ、日本列島はご存じの形をしていますが、
これとて、今後、永遠にこの形を維持できるわけじゃありません。
.
私は、いつもこういう考えがあるせいか、大地が今の形をとどめているわけがない、
と思っています。
例えば、大水で山肌が崩れ、山の姿が変わってしまった、と言うことなどもその一つ。
何処かの山で、奇跡のように巨岩が細い峰の上に載っている。
微妙にバランスはとれているものの、地震があったら転がり落ちるかもしれない、
なんて景色のところもあるでしょ。
今の形はいずれ変わってゆくんですね。
止まっていると思っているのは今の一瞬に過ぎない、と思っていたほうが正解です。
もっとも、私たちの寿命では、その変化を見届けることはできませんが、
大きな時間の流れの中では、十分にありうる変化なのです。
.
日本列島もほぼ今の形になったのは、2万年前の話。
46億年の地球の時間でいえば、ちょっと前のことです。
パンゲニア超大陸が今から2億年ほど前に分裂を始め、
現在の5大陸に分かれました。
この過程で、日本列島は形成されるのですが、それまでユーラシア大陸と地続きだったのが、
大陸と現日本列島との間に海水が割って入り、日本海が形成されます。
そしてこれがどんどんかくだいして、現在に至るのですが、
日本列島としてはおよそ180万年前に形勢が終了します。
もちろん多少のでっこみへっこみはありますが、原形の基本はこのころに完成しました。
もっとも、伊豆半島などは、その後フィリピン海からやってきて、
つまり地殻移動によって、本州に近づき、ついに最後は接岸し、伊豆半島となります。
あの大きな塊は50万年前までは太平洋上に浮かぶ島だったんですね。
.
ともかく、姿は絶えず変わっている、と思ってください。
平塚の東を流れる相模川は、以前は、東京湾に流れ込んでいたんだそうです。
それが歳月とともに、西に西にと移動し、10万年ほど前に三浦半島を渡って、
西に河口を移動し、今に至っているのだとか。
なぜ、西に移動するのかはわかりませんが、
例の源頼朝が馬から落ちたといわれているのが、相模川橋梁跡が残っているあたりだそうです。
場所は茅ヶ崎。
直線で現在の馬入川は、2〜300メートルは西に移動しています。
この出来事が西暦1200年として、800年間で、こんなに川は移動するんだ、と言ういことが分かりますよね。
.
今の姿かたちは、今でしか見れない、と思ってください。

 

| 水嶋かずあき | 環境 | 17:26 | comments(0) | - | - | - |









      1
2345678
9101112131415
16171819202122
23242526272829
3031     
<< August 2020 >>
+ SELECTED ENTRIES
+ RECENT COMMENTS
+ CATEGORIES
+ ARCHIVES
+ MOBILE
qrcode
+ LINKS
+ PROFILE