水嶋かずあきの甘辛問答

神奈川県平塚から、水嶋かずあきが語ります。
<< 経験の評価 | main | 国と都と都民 >>
民主主義は政治の多元性が基本

民主主義をより健全に育ててゆきたい、
と願う人は多いと思うんです。
もちろん、政治の世界は別世界と思っている人も多いのでしょうが、
共産主義国や、今やほとんど絶滅危惧種となった君主国などの人民の不自由そうな生活を見ていると、
やっぱ、人権尊重を主として、政治体制は民主主義だろ、と思うでしょ。
まあ北朝鮮は論外ですけど、それでもぎりぎり中国なんかでも
やはり、言論の自由と言うか、政権の眼鏡にかなわない人間は、
排除されてしまっていますね。
ネット上でも、政権に不都合な情報は消されてしまう。
香港の、正に同情すべき最近の状況を見ていると、
日本はましじゃない、と思えてきますね。
.
さて、国際的な国々の民主主義度と言ったものを

イギリスのさる機関が毎年評価してランク付けしているデータがあります。
5つの視点でそれぞれ数値化しているのですが、
〜挙過程と多元性 ∪府機能 政治参加 だ治文化 タ邑⇒文
の5項目です。
それぞれそれなりの視点の詳細があるのですが、
まあ、読んで見た通りの内容だと考えてください。
そしてこれらはすべて10点満点、で、合計を5で割って総合得点になります。
1位、金メダルはノルウェー 9.87 ほぼ満点に近いでしょ。
着地でちょっとふらついた程度、と言うところでしょうか。
続いて銀メダルは、アイスランド、得点は9.58、大健闘です。
銅メダルに輝いたのは、スウェーデン、9.39.
キャプテンの着地ミスが響きました。
と、この類のランキングでは大体北欧勢が上位になるんですね。
そこにニュージーランドあたりが顔を出してきています。
で、わが国ですが、順位でいうと24位。
まあ、予選通過がかなわなかった、と言う順位でしょうか。
ちなみに韓国は23位で、一つ上、とはいえ隣同士席を並べています。
あのアメリカですが、日本の一つ下で25位。
日韓米が並んでいるんですね。
どっちが上だかなんて、この順位ならどんぐりの背比べでしょ。

.
さて日本の評価ですが、〜挙過程と多元性が8.75 ∪府機能が8.21
政治参加が6.67 だ治文化が7.50 タ邑⇒文遒8.82と言うことです。
政治参加が足を引っ張っています。

5科目評価で、数学がからきしダメなため、全体順位を落としているようなものですね。
国語も英語も社会も理科もまあまあだったんですが、と言う感じでしょうか。
いやいやよその国なのに皆さんよく見ている。
の政治参加は、要はみんなあまり関心がなく、
簡単に言えば、投票率に現れているんですね。
ちょっとばかり他人ごとになっている、とみられたんですね。
政治参加が6.67と言うのは、ウルグアイ、チリあたりと同等の評価です。
あと、\治過程と多元性と言うのが、8.75とはいえ相対的には、得点が低く全体の足を引っ張っています。
全体の60位辺りでも9点台ですから、日本の8.75は異常なほど低い評価なんですね。
.
要は、民主主義と言うのは、
国民が作り上げてゆくものなんですね。
民に主権があるとされているのが民主主義です。
主権とは、自分たちの意思を政策に反映できる権利のことです。
その権利の行使の最大のチャンスが選挙にもかかわらず、
あまり投票に行かない。
むしろ、積極的に選択をしている人よりも、なにも意思を表明しない人の数がずっと多いんでしょ。
ですから、基本的に民主主義が機能しずらいんですね。
これはその原因となる要因がいくつかあるんです。
.
一つは政治不信です。

もう、残念ながら政治に信頼をよせている、って人は見たことが無い。
これも妙な話なんですが、そもそも民度が高いんでしょうか。
政治に不信感を持っていても、まあそれなりの結果は出るだろう、と言う
ある種の信頼感があるんですね。
妙でしょ。
不信感が基本にあって政治に関する興味を失っていながら、
まあ、だれがなろうと、何とかなる、と言う気質を持っているんですね。
それと、多元性という言葉が気になるんですが、
これは選択肢があまりない、と言うことに通じます。
.
現政権の政策に不満があろうと、ではそれ以外にどこを選択するのか、となると、
これといった選択肢が見当たらない。
これは、いつの間にか、日本の政治は、保守がちがちの選択をさせられてきた結果なんですね。
ま、いいか、なんです。
.
野党が党名でもめているそうです。
この機を逃すと野党の連合はしばらく実現しないでしょうね。
それは、国民からすると、選択肢が少なくなった、と言うことなんです。
だって、衆議院の場合、得票1位が当選でしょ。
2位3位4位5位と選択肢が多かろうと、票が死ぬじゃないですか。
これは選択肢がないのと同じでしょ。
つまらぬこだわりを捨て、真の大同団結を野党は目指すべきでしょ。
党名とか代表とかの党人事などの前に、
日本の民主主義はいかにあるべきか、と言う一つの理念を模索してもらいたいですね。
ま、その意味でも、合同に向けてもたもたしているさまを見ていると、
いささか情けなくなりますね。

| 水嶋かずあき | あれこれ | 11:15 | comments(0) | - | - | - |









      1
2345678
9101112131415
16171819202122
23242526272829
3031     
<< August 2020 >>
+ SELECTED ENTRIES
+ RECENT COMMENTS
+ CATEGORIES
+ ARCHIVES
+ MOBILE
qrcode
+ LINKS
+ PROFILE