水嶋かずあきの甘辛問答

神奈川県平塚から、水嶋かずあきが語ります。
<< あべちゃん元気かな | main | 小笠原に飛行便 >>
不兌換紙幣

国と地方自治体の借金は本質的に問題が異なります。
まず地方自治体ですが、
税収さらに国の交付金等の収入が不足し、
かつ、特に福祉系の支出が増大してくると、健全な収支予算が組めなくなります。
そこで不足分を調達するわけですが、この際、借入金とか借金とは言わず、市債と言います。
なんとなく国債の延長のような感覚を持つでしょ。
国の国債、市の市債ですから。
市債の場合は、単純に借入金なんですね。
大体が都市銀行あたりから借り入れる。
まあ民間の資金融資と同じことです。
したがって、ともかくいつかは返さなくてはいけない。
当然ですが利息が付いています。
.
一方、国の借金ですが、これまた国債を発行し、資金調達をします。
よく、この国債発行残高が年々拡大し、日本は、借金大国だ、なんて言われますが、
実際帳尻を見る限り借金大国なんです。
公債残高は897兆円。
コロナ騒ぎが収束した時は、軽く200兆ぐらい増えているでしょうね。
ま、どう転んでも1000兆は突破すると思います。
国の一般会計の予算がほぼ100兆ですから、
10年間、何の支出のせず、借金返済だけしても、返し終わるのには10年かかるというわけでしょ。
まあ、どう考えても、返済のめどは誰もつけられないんでしょうね。
当然ですが財務省の担当者でさえ、です。
お父さんのボーナスが少なかったから、これからは多少贅沢はやめて、みんな我慢の生活だ、
とか言っている矢先に、車が事故で大破、買い替えなきゃいけない、と言う泣きっ面に鉢みたいなことを
この国では、ここ何年かずうっと続いているんですね。
ですから財政健全化計画なんて、いくら立てても、目の前で金はどんどん出てゆくんで、
何を基準に計画を実行すればいいのは分からないでしょ。
財務省の財政健全化計画の担当者だって、もう俺知らね、とか言ってそうですよね。
ともかく、一年間で不足するお金はおおよそ30兆円。
これが国債によって賄われます。
しかも発行済の国債の利払いが年間9兆円。
つまりなんだかんだと40兆円の負担を、今後も続けるということです。
.
不思議なことに、ある時から、国は借金を平気でするようになりました。
つまり財政健全化は二の次になったのです。
借金の構造に変化があったのです。
それまでは、国債と言うと民間金融機関とか国民に引き受けてもらっていました。
もちろん、これは引き受け手に具体的な条件は付けていませんから、

民間人の私たちも、国債を買うことはできます。
よく、証券会社などで、かなり積極的に、国債を買おう、みたいなポスターを見たことがあるでしょ。
で、ある時方針が変わったんですね。
一つは、国債金利が低くなったため、金融商品としての魅力がなくなり、
引き受け手が減ってきたことです。
そこで国はあるところに目を付けました。
日本銀行です。
アベノミクスに伴う大規模金融緩和が行われました。
あれこれ言葉巧みに、3本の矢とか言ってましたが、

要は、無限に金を市場に放出しても何とかなる、と思ったわけです。
その結果、2019年現在では既発国債の約半分は日本銀行が保有しています。
.
つまりですね、ある意味、子供銀行みたいなもんですね。
銀行になった子はおもちゃのお札を発行する。
ほかの子はこれを使って、疑似的な買い物をする。
まあ、実生活ではこのお金で商取引をするんですけどね。
要は、印刷さえすればお金は十分に出回るわけです。
コロナ対策として100兆円規模の予算を組みました、なんて言ってるけど、
別にあべちゃんや麻生財務大臣がポケットマネーを出すわけわけじゃない。
日本銀行がせっせと札を刷るんです。
でそれは、日本銀行が、帳面上国債を引き受ける。
日本銀行はどんな借金を背負ってもつぶれませんから、
まるで謝金引き受け係のようなもので、どんと構えていられるのです。
かつてギリシャが財政危機になりましたが、それは、国外の借金が多かったからです。

日本だって借金総額でいえば、威張れたものじゃないのですが、
ただ、日本国内での借金なので、大きな問題は起きないんですね。
もちろん健全とはいいがたいですが、
これが日本の借金の構造です。
.
その昔、小学校だったか中学校だったか、社会科で兌換紙幣なるものを教わりました。
紙幣の金額に見合うものを金貨とか銀貨と交換できる、と言うシステムですね。
明治になって、通貨に紙幣が使われるようになったのです。
でもしょせん紙切れでしょ。
そこで、信用を得ようと、兌換性を打ち出したんですね。
金と交換できる、と。
ところが、だんだんと準備できる金が少なく待ってきて
1931年をもって、不兌換紙幣になったのです。
以来、日本は、いや世界の国々は不兌換紙幣を通貨にしたんですね。
ですから、必要があれば、印刷すればいい。
よほどのことが無い限り、1万円は1万円で使えるはずです。
.
ま、それにしてもですね、安部ちゃんはバラまきが好きですね。
コロナのコントロールで、鞭を使えば評価が落ちると考えたのでしょうか、やたらと飴を配っています。
何かあれば飴ですね。
これも、日本銀行の輪転機が動く限り、続けられるのでしょ。
こういう政策って、政治の知恵が感じれられませんね。

 

| 水嶋かずあき | あれこれ | 09:42 | comments(0) | - | - | - |









      1
2345678
9101112131415
16171819202122
23242526272829
3031     
<< August 2020 >>
+ SELECTED ENTRIES
+ RECENT COMMENTS
+ CATEGORIES
+ ARCHIVES
+ MOBILE
qrcode
+ LINKS
+ PROFILE