水嶋かずあきの甘辛問答

神奈川県平塚から、水嶋かずあきが語ります。
<< 公然わいせつ罪 | main | 正々堂々と顔を出しなさい >>
人種差別撤廃への主張が問題なのか

オリンピックが一年延期になって、
なんか急に熱が冷めてしまったような雰囲気ですね。
少なくとも一年後には開催予定でしょ。
つまり、去年の9月ごろに、来年はオリンピックだ、と言うある種の期待ワクワクムードがありましたが、
じゃあ、現在、これに近いものがあるのか、と言えば、ほとんどないでしょ。
再延期はないにしても、中止はありうる、と。
漠然とみんな感じているのだと思うのです。
.
春夏の甲子園が中止になり、これを目指して頑張ってきた球児たちの落胆は、
それはかわいそうなくらいのものがありましたね。
皆わが身だったら、とその不運を感じ取ったと思うのです。
で、代替え的に、地方だったり、甲子園だったりで、不満解消の大会が開催されたようです。
ま、これとは違うでしょうが、
オリンピックに出場内定していたアスリートは、
その対応に苦しんだでしょうね。
何しろ、一年間そのモチベーションを維持するって、結構大変なことです。
しかも、運動能力は下がってしまう可能性だってあるわけでしょ。
年齢的に、高めの選手は特にそうでしょうね。
年々、体力が低下するのは実感しているはずですし、

トレーニングではカバーしきれない肉体上の問題だってあるはずですから、
場合によっては、来年のオリンピックは、その人にとって幻となってしまうかもしれません。
.
さて、そのオリンピックですが、ここにきて政治的活動の排除を厳しくするような空気があるようですね。
いちおう、オリンピックの憲章として、
「 オリンピック・エリアにおいては、いかなる種類のデモンストレーションも、
いかなる種類の政治的、宗教的もしくは人種的な宣伝活動は認められない。
オリンピック施設の1部であると考えられるスタジアム、
およびその他の競技エリア内、およびその上空ではいかなるかたちの広告も許可されない。
スタジアム内あるいはその他の競技グラウンド内では、

商業目的の装置や広告用の看板などの設置は許可されない。」
と商業主義の排除、政治活動の排除を詠っています。
むむむ、本体は商業主義の権化なんですけどね。
まあ、それはともかく、政治的、宗教的、人種的な宣伝って、何が基準なんでしょうね。
.
例えば、全米オープンで優勝した大坂なおみ選手が、
7試合すべてに黒いマスクに、

黒人差別的行動で死に至った人の名前を書き込んだものを付けていました。
正直見事な活動だったと思います。
こういうのって、影響力のある人のある行動が、大きな変化のきっかけを与えることがあるものです。
しかも、時に、反対勢力から威圧を受ける。
SNSなんて手段で、反対のキャンペーンを打つとか、様々な抵抗があるはずです。
しかし彼女は敢然と実行しました。
まずは、第一試合でマスクをつけて登場。
みな、注目しましたよね。
さらに次の試合でも、次の試合でもさらに、準決勝、決勝と七つの試合で、

異なる名前のマスクをつけて登場しました。
彼女自身の素晴らしい試合内容もさることながら、このマスクによる人種差別への抗議は、
かなり有効な手段だったのではないでしょうか。
これが、もしオリンピック並みの規約に縛られていたら、第二試合以後は、マスクを禁じられていたはずです。
何より、優勝後のインタビューでの対応が、実に見事でしたね。
インタビュアーが、黒地に白い文字で犠牲者の名前を書いたマスクをつけた意図を尋ねました。
「あのメッセージの意図は何か」と。
すると大阪選手は実に冷静な表情で、「あなたはどんなメッセージを受け取りましたか?」
と逆に返したのです。
その先は、編集でカットされていたので、インタビュアーがどんな反応をしたのかは分かりませんが、
私だったら、言葉に詰まってしまったと思うんですね。
そうなんです、彼女はメッセージとしてなにを感じ取ったか、のために付けたマスクなんですね。
人種差別に対する抗議であることは、100%分かっていることです。
それがいいか悪いか、この場にふさわしいかどうか、なんてことは超えているのです。
.
つまりです、人間としての在り方の類のテーマに関しても、
政治的、宗教的、人種差別的と判断して、アスリートとしてのアピールではなく、
一人の人間としてのアピールまで制限しようとするなら、

オリンピックはただのスポーツマン大会に終わってしまうでしょ。
アスリートとしての様々な努力の上に、人としての何かを感じろ取ることはあるべきでしょ。
それを何らかの表現をすることは、あって当然でしょ。
ただ偏った主張、誹謗中傷、ヘイト、不偏性のかける内容は制限すべきです。
世界は戦争をやめよ、とか言う主張はあってしかるべきですよね。
馬鹿なやつが管理をすると、グレーゾーンの判断ができないから、
何でもかんでも禁止するんです。
それは相手へのけん制でもなんでもなく、

自分の判断力の未熟さを露呈しているのに過ぎないんですね。
.
オリンピックの健全な発展は、人類がこの星で、生きてゆくことを成功させたという証です。
異星からUFOに乗ってやってきたエイリアンの連中が、

オリンピックの会場の上空からその様子を見た時に、
この星はこのままにしておこう、とか言い出すはずです。
体力、運動能力の向上は、意識とか、情念の向上とともにあるべきです。
体と心、体と頭脳を分けて考えることがすでに時代遅れなんですね。
.
末尾になりましたが、一言。
大坂なおみ選手、全米オープン優勝おめでとう。

 

| 水嶋かずあき | あれこれ | 13:07 | comments(0) | - | - | - |









  12345
6789101112
13141516171819
20212223242526
27282930   
<< September 2020 >>
+ SELECTED ENTRIES
+ RECENT COMMENTS
+ CATEGORIES
+ ARCHIVES
+ MOBILE
qrcode
+ LINKS
+ PROFILE