水嶋かずあきの甘辛問答

神奈川県平塚から、水嶋かずあきが語ります。
<< 人種差別撤廃への主張が問題なのか | main | お役所仕事 >>
正々堂々と顔を出しなさい

私は、SCNで番組制作のボランティアをしています。
SCNクラブと言って、およそ10人ほどで、構成し、
月ごとに、会員の提案で番組内容を決め、提案をした担当者が、
シナリオを作り、撮影対象者と交渉をし、撮影をする、と言うものです。
この時チームを作るのですが、まさにその時次第。
顔ぶれもこれと言って一定しているわけでもないので、
まさにプロジェクト的な体制をとっているのです。
私は、仕事を持っている人から比べたら、結構暇なので、
とかく番組制作に多くかかわっています。
今年も3月の「本を読もう」から始まって、
4月、6月、7月、8月と関わってきました。
この後、11月、12月、と予定していますから、
年間7回の担当と言うことになります。
皆さん、何かと多忙なようなので、
ついつい、ではここは私が、と言った感じで、結果としてはしゃしゃり出て、
番組を制作しているわけです。
.
したがって、市民の中に入り込んで撮影することも度々で、
この時問題になるのが、顔出し許可です。
例えば、3月作品の本を読もうでは、横内小学校の読み聞かせの現場撮影がありました。
また、盲学校での読み聞かせもあり、撮影対象者に、いわゆる一般市民が登場するわけです。
となると、撮影し、編集し、いざ本番で放映した時、
いわゆる肖像権的なクレームが入ると、その対応やら、
時にその作品自体が没になってしまうので、番組編成上大きな穴が開いてしまいす。
そこで、このようなことが無いよう事前に了解を取るようにしているのですが、
善意のテーマで、善意の出演にもかかわらず、こんなにも神経を使わなくてはいけないのか、
と、この肖像権とか、プライバシーとかの問題について疑問に思うことがあります。
.

「本を読もう」では事前に学校から通達し、

読み聞かせのシーンの撮影では、事前に学校側から顔出し可能な人のみ集まってください、
と言った情報を各家庭に流したようです。
基本的には、子供自身はこのことをなんとも思っていないんですね。

むしろ積極的にカメラに映りたがる。
そもそもが学校生活の一部の撮影なんですから、
隠すことも恥じらうこともないわけでしょ。
子供があっけらかんとしているのに、

親がもじもじするのは、いかがなものか、と思っているんです。
少々この辺が神経過敏になっていると感じるのです。
これは、学校もそうですが、親もです。
.
一方、盲学校では、それなりに気を使いました。
本を読む方はともかく、聞く方はそれなりの障害があるわけですから、
顔出しに抵抗があるのは当然です。
ですから、親と本人にくどいくらい念を押して確認をしたのです。
もっとも、このことは想定していたので、盲学校のすべての本読みのシーンは、
読み手の顔は出しましたが、聞き手の盲学校の生徒さんは後ろ姿にしました。
.

まあこのように事情にもよりますが、

そもそも顔出しに関してはマスコミは一般的に神経過敏ですね。
それは、報道の一部のシーンに登場する一般市民に対して、

何かというとぼかしとか、モザイクをつけて、よく分からないようにしているということです。
先日驚いたのは、牛泥棒の防犯カメラの映像です。
二人の男が、子牛の足を持って、盗み出している現場映像です。
確かに暗闇ですから、判然としないこともあるでしょうけど、
このシーンで、二人の男にぼかしが入っているんですね。
当然誰だか分からない。
盗難の現場映像です。
どうして顔が分かってはいけないのでしょうか。
盗人にも三分の理、と言うことなんでしょうか。
もし、不鮮明ながら顔が映っていたら、これを見た人からの有益な情報が入るかもしれないでしょ。
極端な話、この顔にピンときたら110番、とかのポスターがありますが、
これこそ、ネットの力を活用して、広く情報を集め、
悪者を懲らしめるべきでしょ。
子牛を盗まれた農家の方の落胆はものすごいものがありました。
何とかしてあげるべきでしょ。
マスコミは正義の味方だったんじゃないか、と。
牛泥棒のニュースの配信とともに、犯人の検挙、早めの対応で、農家の救済など、
やるべきことはあるはずです。
.
先日のマスクしないで飛行機から降ろされた男へのインタビューがありました。
きっと男は顔出しをしないならインタビューの応ずるとか言ったんでしょうね。
いわゆる肖像権を盾にとっての対応です。
私に言わせれば、そんな陰に隠れてこそこそ物言いするなら、むしろ黙ってろ、と。
正々堂々と顔を見せて、正々堂々と言うべきことがあるなら言えばいいじゃないか、と思うんですね。
いわゆる、昨今の風潮とでも言いますか、
顔が分からないからいい、と言うのは、
生き方として姑息すぎる。

.
SNSでしばしば問題なるのもこのことです。
私は私、と堂々と胸を張って生きることが大事じゃないでしょうか。

匿名性によって、自分の存在をアピールするのは、姑息と言えば姑息でしょ。

 

| 水嶋かずあき | あれこれ | 10:30 | comments(0) | - | - | - |









  12345
6789101112
13141516171819
20212223242526
27282930   
<< September 2020 >>
+ SELECTED ENTRIES
+ RECENT COMMENTS
+ CATEGORIES
+ ARCHIVES
+ MOBILE
qrcode
+ LINKS
+ PROFILE